アトピーの食事で気を付けることは?

アトピーの食事で気を付けることは?

食事からアトピーを改善させる方法


jjj

アトピー性皮膚炎は、これが原因という明確な原因が確立されていません。遺伝的要素やアレルギー体質、肌質や生活環境、ストレスなど、単独、またはこれらの要因が複雑に絡み合って原因を作っていると考えられます。

その中でも比較的原因の多くの割合を占めているのが食べ物です。アトピー性皮膚炎は、アレルギー反応が肌に現れた状態と考えられており、食べたものに対して身体がアレルギー反応を引き起こすと、食物アレルギーの一環としてアトピーが出現することがあります。

私たちの体は食べたもので構成されているため、いつ、どのくらい、何を食べたのかということがその人の体調などを大きく左右してしまう事もあるのです。

そのため、食事でアトピーになることもありますが、食事でアトピーを改善していくことも可能です。

アトピーを改善させる食事法とは

まずはアレルギーを起こしやすい食べ物を避けることが大切です。大人になると自分が何を食べるとアレルギー反応が出るのか大体わかるようになりますが、小さな子供の内はそれが分からないため、アレルギーを引き起こしやすいといわれる食材を避ける必要があります。

しかし、小さな赤ちゃんにとって、よほど強い食物アレルギーがない食材については、控えることで栄養が偏ってしまう事もあるため、医師や栄養士などとよく相談しながら進めていきましょう。

アレルギーを引き起こしやすい食材としては、牛乳や卵、魚介類、牛肉、豚肉、羊肉、ナッツ類、チョコレート、そば、小麦、大豆などです。これらを食べてしばらく様子を観察し、体調が優れなくなる日が多いという場合には、その食品に関してアレルギー反応を示している証拠なので、できるだけ控えるようにします。

そのほか、インスタント食品には、品質保持や美味しく見せるためなどの様々な添加物が施されている場合が多いです。人間は人工的な成分に関しては消化に食べ物以上の大量のエネルギーを使用するため、体調が壊れやすくなり、アレルギーを引き起こしやすくなります。

一方で食べ物によってアトピーを改善する方法もあります。皮膚を健康に保つためにはビタミンB群やC、Eなどが豊富に含まれている食材を積極的に摂取するようにしましょう。体の調子を整える働きのあるミネラルも豊富に摂りたいところです。

また、それらばかりに気を取られ、体を構成するのに必要な炭水化物や脂質、たんぱく質などもバランスよく摂取する事が大切です。

洋食は脂っこいものが多いので、和食中心のメニューに切り替え、夜遅い時間帯に食べ物を摂取しないなど、健康的な食生活にすることでアトピーも軽減していきます。

アトピーを悪化させてしまう食べ物

医食同源という言葉があるように、アトピー性皮膚炎も食事と密接な関係があります。アトピー性皮膚炎を改善させる食事があるのと同じように、アトピー性皮膚炎を発症させてしまったり、悪化させてしまう食べ物があるのです。

アトピー性皮膚炎を改善させる食べ物は、和食の油の摂取量の少ない、炭水化物や脂質、タンパク質に加え、ビタミン類やミネラルが豊富に含まれている食事をする事が大切です。

また、消化の良い、腸に優しい食べ物を摂取することで、無駄なエネルギーの消耗を防ぎ、免疫力などを保つ事が分かっています。

アトピーを発症させる危険性のある食べ物に関しては、食物アレルギーの一つの症状としてアトピー性皮膚炎を起こしてしまうものや、アトピー性皮膚炎の状態を悪化させてしまう食べ物があります。

hujki

アトピーによくない食事とは?

アトピー性皮膚炎はアレルギー症状が皮膚に表れた状態と考えられています。そのため、アレルギー体質の人はアレルギーを引き起こす環境下でアトピーにもなりやすいと言われています。

その中でも食物アレルギーがある人は、アレルギーを引き起こす食べ物を摂取することで、アトピーを発症する可能性が高くなります。

食物アレルギーを引き起こす食べ物としては、卵や乳製品、魚介類、ナッツやチョコレート、そばや大豆、小麦などがあります。

自分がどの食品を食べるとアレルギー症状が出るのかを良く考えて、アレルギー症状を引き起こす可能性の高い食品はできるだけ食べないようにします。

また、症状を悪化させてしまう食べ物として、まずは脂っこい食事が上げられます。揚げ物や大量に油を使用した炒め物などは消化に時間がかかり、胃や腸に負担がかかることから、普段よりエネルギーを消耗し、体力や抵抗力が落ちてしまいます。

白砂糖を使用する食事も要注意です。料理に入れている場合には量を控えればいいだけですが、お菓子やジュースには最初から含まれているので摂取量を控え目にしましょう。肌を健やかに保つ働きをするビタミンB1を壊してしまいます。

農薬や添加物などが多く含まれている食品も、消化に時間がかかり、無駄なエネルギーを消費してしまって、体力や抵抗力が落ちてしまい、その結果アトピーを悪化させてしまう原因となってしまいます。

そのほか刺激の強い香辛料が含まれているものや、カフェインが含まれているコーヒー、万病の元といわれる身体の冷えを助長させる働きのある冷たい食べ物や飲み物などは極力避けたほうがいいでしょう。

しかし、極力避けるとはいっても食べられないことがストレスとなってアトピーが悪化することもありますので、食物アレルギーを引き起こしてしまう食べ物以外は、できるだけ食べないようにする程度でいいと思います。

 

アトピーの食事
カテゴリ
最新の投稿