アトピーの食事で気を付けることは?

アトピーの食事で気を付けることは?

食事がアトピー性皮膚炎を悪化させるメカニズム

読了までの目安時間:約 3分
 

lpo

アトピー性皮膚炎を発症すると、それをきっかけとして生活習慣や食習慣を見直す人も増えています。医食同源という言葉があるとおり、人間の体は食事から作られていて、食事を見直すことで体の調子を変えることもできるからです。

健康的な食事は、栄養素のバランスが整った和食を毎食続けることですが、ふだん生活している中でそのような食事ばかりを続けることは不可能です。そこで、洋食なども取り入れつつ、なるべく健康的な食生活を心がけていくことが大切です。

また、アトピーはアレルギーの皮膚の症状の一つです。そのため、アレルギー体質の人や、食物アレルギーを持っている人は特に食生活に気をつける必要があります。

アトピーを悪化させてしまう食べ物については、どのようなメカニズムでアトピーを悪化させてしまうのでしょうか。

アトピー悪化のメカニズム

アトピーを悪化させてしまう食べ物として、砂糖があります。人間の体を健康に保つた芽には、腸内細菌がバランスを保っている必要がありますが、腸内で悪玉菌として活躍しているカンジタ菌は、砂糖が大好物です。そのため砂糖を大量に摂取することでカンジタ菌が増殖し、腸壁のバリア機能を傷つけてしまいます。

腸壁が傷つくと胃腸を壊すだけでなく、修復させるために副腎からホルモンを大量に分泌させ、副腎が疲労してしまうため体内で起きた炎症を抑えられなくなり、アレルギー体質を悪化させ、アトピーも悪化させてしまいます。

また、過剰な砂糖の摂取により、インスリンが過剰に分泌され、低血糖症を引き起こすことによって、アトピーを悪化させてしまう要因になる事もあります。

動物性タンパク質は消化が悪く、腸内環境を悪化させてしまうことからアトピーを悪化させる要因と言われています。動物性タンパク質の中でも注意したいのは牛乳です。

牛乳は好きな人は加熱せずそのまま大量に飲む人も多く、牛乳のタンパク質をそのまま体内に取り込んでしまいます。更に牛乳の糖分は分解されにくいため、腸壁を壊してしまい、アレルギーを抑制する働きが薄れ、アトピーを悪化させてしまいます。

アトピーを悪化させる食べ物にはそれなりのメカニズムがあります。メカニズム全てを覚える必要もありませんが、アトピーを悪化させるといわれているにはそれなりの理由があることを認識した上で、なるべく健康的な食生活を送れるように気をつけていきましょう。

 

この記事に関連する記事一覧

アトピーの食事
カテゴリ
最新の投稿